メニュー

Blog | ヴェスタショップ,オーダーカーテン,埼玉

ヴェスタショップ

049-280-3338

無料相談フォーム

ヴェスタショップ

049-280-3338無料相談フォーム

BLOG

オーダーならではのスタイルカーテン

作成日:2018年07月23日(月)

オーダーカーテンはお客様にご注文いただいてから1点1点縫製します。

サイズはもちろんですが、スタイルもお客様のご希望に合わせて縫製いたします。

違う生地を切り替えることでオリジナルカーテンにできますし、壁や家具などの他のインテリアエレメントと

色を合わせてトータルコーディネートを楽しむこともできます。気になったら是非ショップでご相談ください。 

border style01

プリント生地と無地を組み合わせたスタイル。プリントに使われているブルーと無地の色を合わせたコーディネート。

border style02

こちらもプリント生地&無地の組み合わせですが、上に無地下にプリント。合わせる色によりイメージも変わります。

border style03

スリムボーダースタイル。壁のブルーとカーテンのピンクを同トーンで合わせ、ディープブルーのラインでアクセント。

border style04

大胆な3色を使ったボーダーですが、淡いトーンでまとめているのでソフトなイメージになっています。

 

 

今年の酷暑を乗り切るには?

作成日:2018年07月20日(金)

今年の夏はとても暑いですね。この暑さ、あと2か月程続くそうです。

暑さ対策として有効と考えられる方法ですが、窓からの日射熱をカットすることです。

遮熱レースもございますが、もし陽当たりが良すぎてとてもお困りというのであれば

是非おすすめしたい商品をご紹介します。その名は『シルバースクリーン』。

外側にアルミを蒸着したスクリーンが日射熱と赤外線を高い反射率で跳ね返し、室内への熱の流入を抑えます。

しかも、メッシュ構造なので外の景色は室内から見えるから視界が確保されて圧迫感はありません。

外からはアルミ反射で見えにくく、反射するから省エネ効果も抜群です。

 

silverscreen3

写真でも、確認いただけるとおもいますが
シルバースクリーンは、メッシュ構造なので
視界が確保できるんです。
池袋オフィスでも、もしバーチカルを閉じて
外が見えなくなると、かなり圧迫感を感じる
のではないかと思うのです。

 

silverscreen4

裏面には、アルミ蒸着加工することで
平均77%も日射を反射しているのです。
さらに、紫外線は95%もカットします。

 

紫外線は皮膚や目にもダメージを与えます。
その紫外線をかなりカットしてくれると
いうのもうれしいですね。

silverscreen2

また、室内から外はよく見えるのですが
外からは、アルミに日射が反射するので
室内が見えにくいです。

蛍光灯の光がかろうじて見える程度。

silverscreen1

シルバースクリーンの良さを実感している
ので、陽当たりが良すぎて困っていると
いう方には特におすすめします。

 

ロールスクリーンやバーチカルブラインド
なら、ランニングコストもかかりません。
冷房効率もアップするから、電気代を
抑えられますよ。

【カーテン豆知識】カーテンレール

作成日:2018年06月29日(金)

『カーテンを新しくしたい』と思った時に、カーテンレールは初めて意識される存在かもしれません。
カーテンレールは大きくのタイプに分けられます。

 

①機能性レール
シンプルでコンパクトな作りで、デザインを主張しないタイプです。カーテンボックス内に取り付けする場合はこのタイプです。
もちろん、普通に取り付けすることも多いです。
機能性レールには、快適にお使いいただくために様々なオプションがございます。

 

functionrail 03

シンプルで豊富なカラーバリエーションと機能性・施工性に優れたカーテンレール。

functionrail 01

カーテンレールの上部に取り付けが可能なカバー〈カバートップ〉は光漏れを抑え、省エネ効果アップを可能にします。

functionrail 02

カーテン開閉時の音が気になる方には、静音ランナー対応レールにすることおすすめします。
一般的なレールよりも音が静かで滑りもスムーズなので使用感も快適です。
カーテンの開閉は毎日のことなので、ストレスフリーはとてもいいと思います。

 

②装飾レール

デザインを見せるタイプです。デザインや素材でいろいろなバリエーションがあります。
装飾レールはカーテン生地やインテリアのスタイル(ナチュラル・シャビーシック・モダンなど)に合わせて選びます。
例えばリネンなどの天然繊維には天然木の木製レールとの素材の相性がいいように思います。
また、レールのカラーはお部屋のフローリングや建具、家具のカラーと合わせることでコーディネートがまとまりやすいです。

装飾レールを合わせるとカーテンもワンランクアップして見えますよ♪

 

designrail 011

麻の一種であるフラックスの茎を原料とした100%自然素材のリネンカーテン。

designrail 01

自然素材のリネンカーテンと相性の良い天然木のカーテンレール〈ノルディ25〉。

designrail 021

イギリスでは夏の華やかなイメージの紫陽花をデザインしたカーテン。シャビーシックなインテリアに似合います。

designrail 02

シャビーシックに合わせるなら天然木をホワイト塗装したモールディング風デザインの〈レガートグラン〉。

designrail 031

コットン混のナチュラルなベース生地にかすれたタッチでペイズリー柄をプリントしたヴィンテージ風なカーテン。

designrail 03

ヴィンテージ風のカーテンにはヴィンテージ風の装飾レール〈クラスト19・アンティークゴール〉。

designrail 041

トレンドのシェブロン柄×ターコイズカラーのモダンなカーテンはマーガレットハウエルブランド。

designrail 04

モダンなインテリアには少しハードなシルバーメタルの装飾レールがおすすめ〈グレイスフィーノ19〉

多様化する木製ブラインド

作成日:2018年06月27日(水)

木製ブラインドは天然木のスラット(羽根)を使用した木の質感が人気のウィンドウトリートメントです。
スラットのカラーはこれまで木材のブラウン系(明るいライトなベージュ系からブラウン系、ダークブラウン系まで)
が主流でした。しかし、最近ではホワイト系塗装のスラットの人気が高まっています。
それ以外にもトレンドカラーのグレー系がラインナップに加わっています。
また、木目感を出すためにエンボス加工を施したものもあります。

 

木製ブラインドのスラットはその多くがバスウッドという比重が軽くて、加工しやすい木材です。
バスウッドは他にもインテリアではモールドや家具の棚板などにも使われています。

木製ブラインドはカラーバリエーションやデザイン性だけでなく、実はその性能もどんどん進化しています。
通常ブラインドはスラットに開いた穴に昇降コードを通しているのですが、穴があるとそこから光漏れがします。
そのため、木製ブラインドにはラダーテープ仕様があります。ラダーテープがあると穴を隠せるということもありますが
スラットとラダーテープを自由に組み合わせることもできます。
しかし、新しくスラットにコード穴のないタイプというのも可能になりました。
コード穴のないタイプなら光漏れが抑えられるので寝室にもおすすめです。

 

木製ブラインドを使っていると、腰窓などあまり製品の丈が長くない場合はあまり気にならないのですが
テラス窓で、外に出るときの開閉が以外と大変なのです。そんなお困りを解消する新しい機能として、
操作コードを引くと自動的にブラインドが降りてくる自動降下機能付きタイプ選べるようになりました。
テラス窓や複数台取付の場合には絶対におすすめです。

 

woodblind 01

インテリアでトレンドのグレーカラー〈アッシュグレイ〉。スモーキーな感じがおしゃれです。

woodblind 02

新色の落ち着いたグレイッシュなブルーは西海岸の青い海を思わせるカラー〈インディゴウォッシュ〉。

woodblind 03

人気のホワイトカラー〈ホワイトグレイン〉。カフェ風インテリアに合わせるならこちらはいかがでしょう?

woodblind 04

木の質感をより感じるように木目エンボス加工しています。こちらはスラットに穴のないスッキリしたタイプ。

woodblind 05

スラットの穴を隠すという理由の他にアクセントとしてこのように家具とのカラーコーディネートも素敵ですね。

woodblind 06

操作コードを引くと自動的にブラインドが降下する自動降下機能。ワンタッチで降りるので大変便利です。

 

 

 

 

建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの展

作成日:2018年05月24日(木)

森美術館で9月17日まで開催中の建築の日本展に行ってきました。
建築とは土地(地面)と切り離せなものであることは言うまでもないことです。

日本文化は大陸からの影響が大きいのですが、建築も例外ではありません。

しかし、独特の日本らしさとはどこからきているのでしょうか?

日本は国土の7割が森林であるため、建築素材として木が使われることは必然だと思いますが

日本の建築にとって建築素材が木であることは伝統的建築の遺伝子に強い影響を与えています。

そして、現代建築から感じられる日本的なものは伝統的建築が色濃く表れています。

 写真撮影可能な展示では、2015年ミラノ万博で日本館パビリオンで使われていた木組の実物がありました。

木組なので釘は使わず仕口で接合されいるため、解体が可能で万博終了後はばらして建築資材として使われているそうです。

西洋から見た日本建築の魅力のひとつに日本特有の自然観・美意識があると思うのですが

今回原寸展示『待庵』は美意識を究極的に突き詰めた空間です。

この小宇宙である茶室を六本木の53階で体験できる貴重な機会ですので、ご興味のある方は是非どうぞ。

ひとつお知らせ。三角スケールを持っていくと三スケ割で入館料が100円割引になるそうです。

artch 02

2015年ミラノ万博日本館で使われて木組

archi 03

仕口で接合しています。美しいですね。

archi 04

国宝『待庵』が六本木53階に再現

archi 05

まさに小宇宙

archi 06

丹下健三先生のご自宅1/3模型

archi 01

9月17日まで開催中です

初夏におすすめのウィンドウトリートメント

作成日:2018年05月07日(月)

これからの季節に似合いそうなウィンドウトリートメントを集めてみました。

お部屋の中でも爽やかな気分で過ごせそうなカーテン&ロールスクリーンです。

色や素材感、アクセントで小技を効かせたウィンドウトリートメントはいかがでしょう?

shoka 04

森を駆け巡るキツネを切り絵風パターンで表現したデザインで北欧デザイナーによるプリントカーテンです。

shoka 05

籠目のようなテクスチャーを和モダンなロールスクリーンにしました。独特のスダレ調素材感がこの季節に合います。

shoka 02

爽やかなライトブルーに星のデザイン。立体感のある風通織の生地にブラックのポンポンフリンジがアクセントに。

shoka 01

レーザーカットのロールスクリーン。かわいい鳥たち窓辺にやってきたような楽しくなるデザインです。

shoka 03

無地3色で切り替えたアンシンメトリーなスタイルカーテン。ブルー&ホワイトにブラウンをアクセントにしています。

 

タチカワのプリーツスクリーンが新しくなりました

作成日:2018年05月01日(火)

本日、5月1日にタチカワブラインドのプリーツスクリーンが新しくなりました。
プリーツスクリーンは水平ラインがシンプルで和室にも合うデザインですが、もちろん洋室にも合います。

プリーツスクリーンは1台のメカにシアーと厚手の両方を使えるので使いやすさもあり人気の製品です。

今回の新商品は新しいデザインのスクリーンもあるのですが、今回の特にお知らせしたいのは機能面の変更です。

 

①新しいプリーツスクリーンは昇降コード穴が小さくなったので光漏れが少なくなりました。

穴が小さくなったので、寝室にもおすすめしやすくなりました。

従来の製品ペルレ 生地アップ

従来品のコード穴

新製品ペルレ 生地アップ

新商品は穴が小さくなっています

②これまでは上下の生地を違う色で組み合わせる場合、昇降コードは生地に合わせているので下部の生地のコードが上部の生地と違うので多少気になることもあったのですが、下部のコードを上部生地の裏を通すことで気にならなくなりました。

従来の製品ペルレペア 上部生地の図

従来品は下部のコードも一緒に通しています

新製品ペルレペア 上部生地の図

新商品では下部のコードは後ろを通しています

施工例 PS 6346 アミア

遮光生地なら寝室にもおすすめです。

窓廻りがスッキリ納まります。

 

ディスプレイリニューアルしました

作成日:2018年04月25日(水)
vestashop_11 vestashop_13
vestashop_12

今回のディスプレイは春夏の爽やかさをイメージしてブルーグリーン系×イエロー系にリニューアルしました。

カーテンとクッションはサンゲツのハンプシャーガーデンズです。スタイルはトップボーダーフリンジ付きです。ライトブルーの装飾タッセルを合わせています。最近流行している浮遊感のあるディスプレイに挑戦。天井から傘のように形作った生地サンプルを吊るしてみました。いかがでしょう?

 

 

 

天然素材リネンカーテン「リフリン」について

作成日:2018年04月12日(木)

flax2

リネンカーテンのリネンとは麻の一種です。フラックスという植物から採れる繊維を材料にして織り上げたものがリネンです。麻という植物は20種類以上もあり、その中でリネンになるがフラックスで日本名は亜麻(あま)です。
日本で洗濯表示の組成に『麻』と表記できるものは、リネン(亜麻)とラミー(苧麻:ちょま)の2種類で、主に衣類や寝装具に使われています。
リネンとラミーの違いは、リネンの方がよりしなやかで、ラミーの方が太くて丈夫な繊維です。リフリンのリネンカーテンはリネン100%です。

grace16 03

リネンカーテンにするなら、カーテンに合わせたカーテンレールを選んでみてはいかがでしょうか。ファッションに例えるなら洋服に靴やアクセサリーをコーディネートする感覚に近いと思います。リネンカーテンにおすすめのカーテンレールはアイアン調のシンプルなデザインのグレイス16。カラーはアンティークホワイト、アンティークブラック、ブラス、ブラック、アンティークゴールドの5カラー。ベーシックな生成のカーテンに合わせるならブラックがおすすめです。

nordy 02

リネンの素材感と木製カーテンレールのコーディネートなら間違いないでしょう。その場合は家具やフローリングとレールのカラーをコーディネートすると空間がまとまって素敵なお部屋になりますよ。木製のカーテンレールでおすすめなのがノルディ25。アッシュ材の木目がきれいなレールです。カラーはアッシュ、オーク、チェリー、ウォールナットの4カラー。アッシュ色は塗装で色を加えていなそのままのアッシュ材のカラーで木目もはっきり見えます。オーク色は北欧家具で多く使われるオーク材の色に近い色を出しています。コントラストのあるオークの木目を塗装で表現しています。チェリー色は赤味のある色で木目はマイルドに仕上げています。ウォールナット色は重厚感のある深いブラウン色。

写真はオーク色です。

tassel 01

せっかくですから、タッセルもリネンカーテンに合いそうなものをピックアップしてみました。共生地タッセルとは違ってアクセントになりますよ。ナチュラルなアースカラーやコットン、天然木素材との相性は間違いなしです。

 

 

くまのもの―隈研吾とささやく物質、かたる物質展

作成日:2018年04月09日(月)

東京ステーションギャラリーで5月6日まで開催中の隈研吾建築展に行ってきました。
建築関係の展覧会は平面図や模型が多く展示されることが多いのですが、

今回はとにかくマテリアルが多く展示されていました。

 

展覧会のタイトルでもある「ささやく物質、かたる物質」とあるように、

この展覧会では物質である10種類の材料をテーマとして展示しています。
1.竹 / 2.木/ 3.紙 / 4.土 / 5.石 / 6.金属/ 7.ガラス/ 8.瓦/ 9.樹脂/ 10.膜・繊維

 

展覧会に寄せた言葉の冒頭に「建築とは、結局のところ物質である。物質と人間との会話である。」とあります。

建築とのファーストコンタクトで物質の存在感や後になって思い出すのは物質のディティールだったりすることがあります。
実際の建材となった物質は、時として単純に言葉で想像する物質から変化しています。

建材としての工程を経ることがその物質の特徴をさらに顕在化させているような気がしました。

マテリアルの展示を見ることは、見た目の物質を建材としての物質に一種消化され、建築となっていることに興味を持ちました。

現在進行中の新国立競技場や品川新駅なども展示されています。

日本の展覧会では珍しく撮影OKですのでその点でも珍しい展覧会でした。

 

kuma 02

展覧会場の東京ステーションギャラリー

kuma 01

雲の上のギャラリー

kuma 06

木を多用した新国立競技場

kuma 05

バルーン×スーパーオーガンジーの浮庵

kuma 04

カーボンファイバーによる耐震補強の美しさ

kuma 03

品川新駅は2020年開業です